早朝少し雨がぱらついたようで路面が濡れていて、少し肌寒いです。7時30分のドル円チャート日足です。ここ数日陽線が続いており、若干ローソク足が短くなってきて勢いがなくなりつつあるような、アメリカ勢・ヨーロッパ勢が休場だったこともあるんでしょうか。4時間足へいくと昨日突破した上限ラインがサポートになってレンジを形成しております。1時間足は下からMAが迫ってきており何度かあたって下ヒゲ反発を繰り返しましたね。現在は陽線と陰線が交互に出現している感じです。これは上限が102.670で目標はとりあえず102.800へ(小さい~)、下限を102.500に目標を102.370(これも小さい~)、値幅が小さい相場でしたからいたしかたないですね。でもその分、今日から動き出すことも考えられますから期待してチャートを観察していきたいと思います。動き出した時は節目に考えている上限下限ラインを軽々越えて、次の目標へ上昇・下落するくらいかもしれません。
目線は上昇なので、下限ラインに近づいたらロングで入るのも検討しておきたいと思っています。

トレード関係

昨日は計画を立てた直後に、あんなこと書きながらもレンジ上限を102.500をあっさりとオーバーしてまいりました。レンジ相場を狙っていましたので、仕掛けもレンジの仕掛けでボリンジャーバンドを応用した方法で落ちてくるところを待っておりました。落ちてきたタイミングでショートエントリー。昨日はかなり忙しく歯医者へ行ったり、緊急ミーティンがあったりで逆指値をいれたまま外出。期待は+10pipis以上でしたが、結果はマイナス5pips。チャートを閉じた後あっさり上昇したようで目論見のレンジでの下落はうまくいきませんでした。その後は突破したレジスタンスラインがサポートラインになってレンジ相場を形成となりました。ただし値幅もすごく小さくなっているのでやっぱりお休みしておけばよかったですね~♪ただ今勉強中の手法はもう機械的にサインをきっかけにエントリーしていくので、一喜一憂なんてしませんよ。マイナスもでることがありますが、ロスが小さいのがいいんです。何気にロスカットが小さいのがわかっているとトレードの精神的負担も小さくてすみますよね!

トレード関係

今朝は曇り、雨が降りそうな空模様です。朝は8時のドル円チャートを見ていきます。週をまたぎましたので日足から・・4月の頭に大きく下落してきたチャートが4月11日ごろに底値を打ち、ただいま上昇トレンドを形成しつつあるという段階です。日足では102.500のところでこれまで何度か止められている傾向が見て取れますし、MAもありますので一度このあたりで反発する可能性もあります。4時間足に移りますと、短いローソク足が続いていますね。先週末がイースター休場で値動きがなかったことが影響しています。そして今朝は上昇を見せていますが、今日もまた欧州が休場で値動きが小さいのかな~という感じです。1時間足へ移り、今日はレンジ上限を102.500とし目標を102.800.下限を102.360に目標を102.130としておこうと思います。もしラインをブレイクしてきたら・・どうなんでしょうね。勢いがない一日のような気もしますのでできれば今日はトレードは控える方向かなと思います。新しく学び中のレンジ相場でのトレードロジックも適用しないほどの値動きの感じなので、やっぱり今日は他の仕事に邁進しようかな。それとも5分足・1分足でスキャルピング狙いますか?

トレード関係

FXトレードをはじめようと思ったのは、とあるクライアントとの契約の打ち切りでした。インカムとしてはウェイトがあったので少し焦りました。でも私が一番危機感を感じたのはクライアントの意向でどうにでもなってしまう自分の在り方でした。すべての仕事が何らかの雇用関係で成り立っているのでしかたのない側面もあります。しかしその精神的不安を少しでも解消することはできるのではないかと考えたのです。最初「売り」と「買い」の両方ができる、これはチャンスでもありリスクでもあること先物という特性に恐れも抱きました。しかし相場は研究と実践の場、自分の成果がそのまま反映される。これははっきりしていてわかりやすいし、複雑な人間関係の所産物でもない。あきらめを自分で受け入れることが容易である。つまり自己責任で完結できる潔さがとても気に入ったんですね。最初は負けました。悔しくて夜中に机を殴って、驚いた妻が起きてきたこともありました。今でも勝ったり、負けたりで安定しません。でも収入になるかもしれない、周りの影響に左右されない収入源を1つ確保することは家族や家庭、人生を設計する上で大切な価値のあることだと考えています。

トレード関係

今日は欧州アメリカなどキリスト教国はぜ~んぶお休み。いわゆるイースター、復活日の前の受難日として厳粛にお祝いする日ですね。どこもが休みなので値動きの少ない相場であることは予想されていましたね。こういう日はもうトレードはお休みですよね。さて実は今、いろいろ教えてもらっているトレードロジック、トレード手法があります。1時間足で見るとボリンジャーバンドが大きく開いていたところからぎゅっーーーっとスクイーズしてきて、ローソク足が小さくなってきたレンジ局面。こういうところをどう狙っていくのか。その検証方法を教わって、あ~検証ってこうやってやるのかと遅まきながら知ったしだいです。でもそれでわかったことはトレードは100%の勝ちをずっと続けるというのは無理(当たり前だけど)だということ。つまり、負けを受け入れてトレードを続けるっていうことでした。同じ手法をコツコツと待ち、狙い続けることの意味と大切さ、そしてその難しさが理解できたのでした。なぜ難しいかというと負けるのが嫌だという心理が働くからです。そこを受け入れることによって開けてくる地平があるのです。

トレード関係

下限かと思われた102.130を下回って4月15日あたりの高値で止まりました。ここでまたサポートが効いているとは・・そこから上昇に転じてNY時間からはぐいぐいいきましたね~週明け月曜日からが楽しみになりますね。今日はとあるFXトレードの運営会社でお仕事されていた方とお話しする機会がありました。会社側の企画で本当にFXで●●円を稼いでいるような方々とお話しをしてインタビュー記事にまとめていたのだそうです。女性の方で●●さんとか他にも数人。本当にプロ野球選手なみに稼いでいる人っているんだぁーってその人も驚いたそうですけどね。そうやって考えると野球選手って選手寿命が短いからあれだけもらっているんだなんて思っていたけど、FXトレーダーは目が見える限り、指でクリックできる限りずっと現役で稼ぎ続けることができる技術なんですよね。マー君の160億円とはいかないまでにしてもSFF並みの技術は手にできるってことじゃないですかね。

トレード関係

今日明日は仕事でトレードができないのが残念です。ドル円の朝7時やっと上昇の兆しが見えてみました。それでも計画だけは立てておきたいと思います。今日は今週は今日でお休みのようなものですから来週に期待したいですね~。日足から見ていくと強烈も下落を見せて徐々にブレーキがかかり、101.380付近でネックラインを割ることができずに上昇に転じてきました。そこから刻みながらずっと陽線で上昇して昨日102.130を抜けて、さぁというところですかね。4時間足や1時間足で見るとちょうどこのラインが直近高値のラインとレジサポ転換しているかのように見えますから、下限ラインはこのライン102.130になると思われます。上限のラインはまだ決まっていない感じがしますが現在は102.340ということにして置いておきます。ここからもう一回上昇に拡散できるか、このままレンジなのか誰にも答えはわかりません。ただ明日からの休場のことを考えると時間が経過するにつれて大きく動く可能性は先細っていくと思われます。
トレンドハンターFX 検証

トレード関係

予定していた計画の通りに、上限101.885ここをしっかり抜けて102.130を抜けたらロング目線の戦略へ。午後11時ごろについに102.130ラインを上へブレイク!ここは1時間足でフォローし続けることにしました。直近高値でもある102.130ラインを越え、1時間足でしっかり押し目を形成して下ヒゲをつけているところで、高値切り下げ線を引きました。ブレイクした足も含めると4本目の15時ごろにラインを越えたのでロングエントリーしました。そこから4本目に利確+12pips。今勉強中の教材のおかげでなんか見えてきました。しっかり待つということ。そして待てるようになるにはその根拠がある。その根拠がわかればトレードの方法がわかる、だからポジポジ病にならずにすむ。するとトレードで獲得したお金を失わないですむ。トレードはすごくシンプルなものなんですね~。なんかいろんな手法やロジックを聞いたり、勉強したりしてきたけど、一巡してきてやってパズルのピースが合ったような気分ですね。

トレード関係

近所の並木のハクモクレンの花が咲き始めました。今日も暖かい一日だそうです!うれしいです。朝7時ドル円日足からです、昨日はよく落ちましたね。ペナントの上限を割って戻って反対側の下限に達して反発、下ヒゲつけて今朝は陽線でスタート。今日から環境認識のためのボリンジャーバンド(BB)を設置します。BBは大きく拡散していましたが、+3σ側が閉じはじめました。H1では-3σも閉じてきているようにも見えますので、101.870のラインを上抜けしてきたらタイミングをはかってエントリーを考えています。上抜けできずに揉みあうかもしれないです。そうなるとBBは収束をはじめてレンジに入るか、またまた拡散するかになります。なので現在チャートは想定されるレンジの上限付近に位置していると考えています。上限は101.870ここを抜けると102.410まで、下限は反発を受けたペナント下限で目標は101.270とします。こうしておいて5分足でエントリーチャンスを待ちたいと思います。記録についてはしばらくドル円に集中します。恋スキャFX 検証

トレード関係

昨日は値動きの小さい1日でしたね。それでも計画通りドル円なら午前10時過ぎにトレンドラインを下限に反発してきたところを15pipsくらいは抜けましたね。その時間帯は私は外出中でしたのでトレードに参加はできませんでした。午後からずっ~と値幅は小さいまま推移してきました。ドル円は想定していたレンジの中ほどにありましたが、ポンド円を見ますとレンジの上限のあたりをうろうろしています。こちらの方が動きがありそうだなと考え、ポンド円を中心に見ておりました。すると高値切り下げラインを下回り、MAも越えられずと、下落パターンに入ってまいりましたので、売りで待ち構えていました。171.897でショートエントリーして、いい感じで落ちていきましたのでレンジ下限の手前171.597あたりで利確しようと考えました。しかし、戻りが強く入ってそのままV字形に上昇してしまいました。結果は建値でゲームオーバー。今回はいつも10pips決済だったのでもう少し大きく利益をとるという先週のチャレンジを実行してみました。今回は残念ながらうまくいきませんでした。ポンド円ということもありドル円よりも値動きが大きいためかまだ感覚がつかめていない部分もあるので、さらなる研究課題としていきたいと思いました。

トレード関係